ジェルネイルの補修は自宅でセルフでやれます!サロン代を節約できるからおすすめ

ジェルネイルセットはコンパクトに収納できる

お気に入りのジェルネイルがほんのちょっとだけ剥がれた時。ネイルサロンの予約が取れないとどうしても放置してしまいがち。こちらの記事では自宅で簡単にジェルネイルを補修する方法をご紹介します。

ネイルサロンではなく自宅でジェルネイルを補修できる?

自分でちょっと直せたらいいのにな

自宅でも道具さえあればジェルネイルの補修は誰でもできます。

リフトしたまま(浮いたり剥がれたり)だと、そこから爪に緑カビが生える危険もあります。だからネイルサロンに行くと自分で行うのではなく定期的なケアをサロンでは勧めていることをご存知でしょうか。

知人

ジェルの扱いは難しいよ。
マニキュア形のであれば手順知っておけば誰でも簡単にできると思う♪

すずま

この数年で自分でジェルネイルをする人がかなり増えたそうです。私もネイルスクール卒業しているので基本的に自分でやりますが、たまに新商品の情報収集の目的を兼ねてネイルサロン(スクール併設店)に行きます。

ジェルネイルの補修(リペア)やり方を詳しく解説します

ジェルネイルが剥がれてしまった箇所(画像は先端部分です)

ジェルネイルが欠けた

①ヤスリで爪の形を長さ調整で整えるように削る。

②ジェルネイルのクリア(透明)を塗る

③ライトで硬化する

④ジェルクリーナーかジェルクレンザーで拭き取る

⑤終了

これだけです。テクニックは不要で2分もかかりません

ジェルネイルリペア

補修後の画像がうまく撮れませんでした。ごめんなさい。

  • 使ったジェルはクリアのこれだけ。
  • 透明だから塗りムラもわかりにくいので安心です。
  • すごく簡単で安上がり。
注意
ジェルネイルを剥がれたり欠けたりしたまま放置したら自爪も一緒にむけてしまうこともあります。そうなると指先に激痛が走る。本当に痛いです。ちょこっと直すだけなら自分でしてしまおう。

ジェルネイルをセルフで最初からやる時、さて何からしたらいい?

まず1番最初に必要な道具を揃えます

選び方のポイント

ほとんどのジェルネイルセットはマニュアルDVDがついていますが、紙の説明書もあるものを選ぶようにしてください。

私が現在使用しているキットはDVDの他にこのような紙の説明書も入っています。

ジェルネイル説明書

上の段がジェルネイルをする時、下の段がオフ(ジェルを外す)時にわかれて書かれています。

ジェルネイル説明書

数回自分でジェルネイルをやると手順は覚えられます。

DVDを見なくても初心者の方は手元に説明書を置いて見ながら作業するのが手順の間違いがないのでおすすめです。

ジェルネイル説明書

初心者さん向けジェルネイルのやり方

  1. 自爪をサンディング(ファイルで削る)
  2. 削りカスをとる
  3. クリアジェルをのせる
  4. 硬化
  5. 全体にもう1回ジェルを塗る
  6. 硬化
  7. ワイプにクレンザーを染み込ませてジェルを拭き取る
  8. 完成

ジェルネイルの初心者セット

左側にあるピンクのものは関係がない別のメーカーさんのネイルシールです。

職場でネイルが厳しかったり就活中の時におすすめネイル

就活中の方やお仕事の都合でシンプルネイルにしたい方は自爪にベージュ系のジェルネイルがいいと思います。私も就活していた間、ピンクベージュにしていました。新卒入社の就活はクリア(透明)が無難です。

全部入りセットでお気に入りのジェルネイルはこちら

わたしはこちらのライト付きセット。ラメパウダーもカラージェルも選べるのが嬉しくて購入しました。

画像の左下の赤い箱がジェルネイルのセットです。箱が四角だから収納に便利。

ジェルネイルセットはコンパクトに収納できる

他のジェルネイルキットはバニティタイプのケースだったり可愛いけど場所をとってしまう。こちらは箱だからしっかり収納できます。

  • 使う道具が多いけどおしゃれな1つの箱に収納できる。
  •  とっさの時にすぐ出して使える小ぶりなセット
  •  ジェルネイルがマニキュアの形で塗りやすい

ジェルネイルを長持ちさせるコツも入ってるよ。

ジェルネイル説明書

まとめ

ジェルネイル初心者さん、ネイルサロン代を節約したい方、これからセルフジェルネイルをはじめる方にとても親切なセットです。両手10本のジェルネイルを10回してもまだ量が足りるのでコスパもバッチリです。

▼内容の確認はここから

 

TOPに戻る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です